会社案内
概要・沿革
工場案内
所在地
採用情報
オフィシャルページ
先輩たちの声
ドーバーのさまざまな部署で活躍する先輩たちの生の声をお聞きください。
吉田 可奈子  
吉田 可奈子
所 属:東京本社 営業部 営業二課
入 社:2011年4月
専 攻:国際教養学部
Q. 現在の仕事内容を教えてください。
身近にあるような町のパティスリーから、誰もが知っているような製菓メーカーまで幅広いお客様を訪問し、商品の紹介や洋酒の活用方法などをご提案しています。日々様々なお客様を訪問する中で、製菓業界の情報を常にキャッチすることができるので、シェフから学んだ知識や新しい情報など営業活動に活かしています。単に洋酒を売るだけでなく、洋菓子の売れ筋情報や、業界の話題などを求められる事も多々ありますので、日頃からアンテナを張って、お客様のご要望に即座に対応できるように努めています。
Q. 仕事を進める上でのモットーを教えてください。
何かあった時に頼ってもらえる、思い出してもらえる営業になること」これは、日々仕事をしている中で目標でもあり、常に心がけていることでもあります。お客様との会話の中では、実は“洋酒を売る”直接的な会話はほんの一部でしかありません。日常会話に始まり、話題のイベントやお店の話題、美味しかったものの話題など、多岐に亘ります。引き出しを多く持ち、お客様の求める情報に合致していくことで、何か困ったことがあった時には「ドーバーの吉田ならなんとかしてくれる!」と思い出して頂ける、そんな存在になれるように活動しています。
Q. 入社を決めた理由、きっかけを教えてください。
洋菓子店で販売のアルバイトをしていたことが大きなきっかけです。出来上がってくる美しいケーキの、素材の組み合わせや、飾り付けに至るまで、細部にまでこだわりを持って作っているシェフの姿をいつも間近で見ていました。そんな「職人」の仕事を守っていけるような仕事がしたいと思い描くようになり、出会ったのがドーバー洋酒貿易でした。説明会で「ドーバーは洋酒の一滴、その一滴のシェフのこだわりを提供しているのだ」と聞いた瞬間に、自分の理想とする仕事が出来ると確信しました。また、面接を経ていくうちに、自分がここで働くというビジョンが明確に表れてきたことも大きな理由の一つとなりました。
Q. 今の仕事で感じる「やりがい」は何ですか?
自分で考え、自らの行動が評価に繋がるということが大きいと思います。営業の仕事は、自らアクションを起こして進めていくことがほとんどになります。自分の行動ひとつで仕事の質はがらりと変わってきます。いかに日々お客様との会話を楽しみ、信頼を築けるか…勉強することは多いですが、その分、自分が提案した洋酒が採用され、商品化された時は喜びもひとしおです。シェフには、紹介してもらったお酒使って美味しくなったと言われ、それを食べたお客様にも、あのケーキが美味しかったと喜んでもらい、たくさんの人の「美味しい」を支えることの出来る、そんなやりがいを日々感じています。 
----