会社案内
概要・沿革
工場案内
所在地
採用情報
オフィシャルページ
概要・沿革
当社の概要・沿革など、詳しくご案内いたします。
ごあいさつ

 ドーバー洋酒貿易株式会社は、ヨーロッパを中心に世界30社から洋酒の直輸入を行う一方、製造部門であるドーバー酒造株式会社 神戸三田工場と神奈川厚木工場でドーバー ブランドの洋酒 約200種類を製造しており、合わせて約400種類以上に達するこだわりの品揃えで、多様化するニーズにお応えいたしております。


 ドーバーには、自社開発製品として、こだわりのバーテンダーの方々のご支持を集める和素材リキュール「和酒シリーズ」がございますが、もう1つ忘れてはならない分野があります。これからの豊かで潤いのある生活を彩る、洋菓子をはじめとした食品に活かされる洋酒です。ドーバーは、この食に関する洋酒をテーマに、高い原酒率と原材料にこだわり、添加物に頼らない本物志向の洋酒造りを目指しています。


 また、南極観測隊携行品の厳しい品質テストに合格し、毎年の必需品として採用されるなど、その抗菌効果に高い評価を得ているドーバーパストリーゼ77など、洋酒以外の製品も全国の洋菓子店をはじめ食品業界からの幅広いご支持をいただいております。


 お酒は、その国の持つ歴史と伝統であり、食はその国の文化のバロメーターであると考えます。そうした歴史と文化の接点に存在するドーバーは、創業以来のキャッチフレーズ“おいしさを求めて”へのこだわりと世界一の多品種ラインナップによって、これからもご期待にお応えしてまいります。


代表取締役社長 和田明久
ドーバー洋酒貿易株式会社
代表取締役社長
和田 明久


----
会社概要
輸入貿易・販売部門
社  名   ドーバー洋酒貿易株式会社
代 表 者   和田明久
設  立   昭和44年10月
資 本 金   100,000,000円
所 在 地   東京・大阪・仙台
事業内容   ドーバーブランドの洋酒及び直輸入洋酒の販売
ドーバーの洋酒:約200種類、輸入洋酒種類:約200種類
計:約400種類
施  設   物流管理センター及び保税倉庫(神奈川厚木・神戸三田)
取引銀行   三菱東京UFJ銀行 新宿新都心支店
三井住友銀行 渋谷駅前支店
みずほ銀行 新宿西口支店
 
製造部門
社  名   ドーバー酒造株式会社
代 表 者   新井重幸
設  立   昭和53年12月
資 本 金   40,000,000円
所 在 地   厚木・神戸三田
製造工場   神奈川厚木工場・神戸三田工場
事業内容   ドーバーブランドの洋酒及び直輸入ボトリング洋酒の製造
施  設   ブランデー蒸留機、全自動充填ライン、自動倉庫、製品熟成室
グラスライニングタンク、原酒保税タンク、保税倉庫
製造酒類   ブランデー・ラム・ リキュール・ワイン
製造種類   約200種類
----
会社沿革
昭和44年 10月   ドーバー洋酒貿易株式会社設立(東京都、目黒区)
昭和45年 03月   ドーバー洋酒貿易株式会社創業
昭和52年 03月   本社社屋竣工(東京都、世田谷区)
昭和53年 12月   ドーバー酒造株式会社設立
昭和55年 11月   神奈川県厚木市に「ドーバー酒造 神奈川厚木工場」竣工
昭和56年 12月   神奈川県厚木工場隣接地に「厚木物流管理センター」竣工
昭和59年 12月   神奈川厚木工場に「ドーバー酒造 厚木保税倉庫」設置
昭和63年 04月   「大阪支店」開設
平成03年 03月   神奈川厚木工場隣接地に「ドーバー洋酒貿易 厚木保税倉庫」増築
平成05年 10月   「仙台事務所」開設
平成06年 10月   兵庫県中町に「ドーバー酒造 西神戸工場」竣工
西神戸工場内に「保税倉庫」設置
平成08年 02月   本社社屋 竣工(東京都、渋谷区)
平成14年 01月   関西支店社屋 竣工(大阪市淀川区)
平成17年 09月   兵庫県三田市テクノパーク内に
「ドーバー酒造 神戸三田工場」竣工 (兵庫県三田市)
平成19年 10月   神奈川厚木工場 開発センター 全面改築
平成26年 02月   本社アネックス 竣工(東京都渋谷区)
----
相関図
ドーバー洋酒貿易株式会社とドーバー酒造株式会社は、それぞれの特性・専門性を活かし、相互関係を保つことにより、業務の円滑な遂行をはかります。

相関図
----
社名の由来
イングランド(Dover)とフランス(Calais)をへだてて西のイギリス海峡と東の北海を結ぶ海峡“ドーバー”。かつてこの海峡はヨーロッパ文化の変革と歴史の大きな舞台となった海峡であります。また、今日にあっても、この潮流の激しい海峡を泳ぎ渡ろうという挑戦者があとをたちません。
ドーバー海峡。いってみればそれは、大きな歴史のロマンを感じさせる舞台であります。企業として欠かすことのできないものもまた、この挑戦へのロマンと前進でありましょう。
当社があえて社名を“ドーバー”とする由来です。ドーバーはまた、ヨーロッパ諸国から歴史ある名酒を輸入する当社の、その理想にふさわしいものであると言えます。
----